コーヒーの入れ方

美味しいコーヒーの入れ方についてみていきます。コーヒーを美味しく入れるには、コーヒー豆の分量、コーヒー豆のひき具合、お水、コーヒー豆の鮮度がポイントとなります。コーヒー豆の分量は、一般的にはカップ一杯分(お湯180ml)に対して豆が10グラム(大さじ2杯)くらいが目安です。コーヒー豆を買うときなど、目安の分量が書かれている場合があるときは、その分量を参考にして、お好みでアレンジしてみてください。コーヒー豆のひき具合は、コーヒーを入れる器具にあわせた豆のひき具合にすることがポイントです。たとえば、ブレス式コーヒーメーカーですと粗挽き、ペーパーフィルターですと中挽き〜細挽き、エスプレッソマシンですと極細挽きというように豆の挽き具合は器具にあわせて選びましょう。そしてお水。コーヒーを入れるお水は、不純物のない軟水がおススメです。コーヒーの風味は、90〜96℃くらいの温度のお湯が最も最大限に引き出せます。

コーヒー豆は、コーヒーを入れる直前に挽くのが最も新鮮で美味しいですが、密閉容器に小分けして冷蔵庫に入れておくことで鮮度を保つことができます。コーヒー豆は、湿気、熱、光、酸素が最大の敵となってしまいます。せっかく美味しいコーヒー豆を手に入れたら、鮮度を保てるよう工夫して保存しましょう。夏場は、ホットコーヒーよりもアイスコーヒーを飲む機会が増えてきます。アイスコーヒーの入れ方は、コーヒー豆の量をホットコーヒーを作るときの2倍にしてください。氷を多めに用意し、いっきに冷やすことが美味しいアイスコーヒーの入れ方のポイントです。