コーヒーの飲み過ぎに注意

コーヒーには、色々な効果があります。ダイエット効果や、ストレス解消、リラックス効果などその効果は様々です。そして、コーヒーが好きな人も多く、ある調査によると、平均すると1人あたり一週間で飲むコーヒーの量は10杯程度だそうです。平均して一週間に10杯ですから、飲む人はもっとたくさんのコーヒーを飲んでいることになります。しかし、コーヒーの飲みすぎには注意が必要です。コーヒーを飲みすぎると、幻聴や幻覚を感じやすくなるという研究結果もあります。腎臓や胃などにも負担がかかると言われています。

一般的に、どのくらいの量を飲むとコーヒーの飲みすぎになるのか調べてみましたが、コーヒーに含まれているカフェインの致死量を見ると、2時間以内に200杯だと言うことでした。ですから、普通に飲む程度であれば特に問題がないように思われます。ただ、お酒やタバコとコーヒーの相性は悪いです。コーヒーをたくさん飲むという人で、お酒もたくさん飲む、タバコもたくさん吸うという人は、健康上よくありません。もともと、お酒は少量であれば良いのですが、たくさん飲むと良くないといわれているものですし、タバコも、明らかに健康上害があるとされているものです。コーヒーとあわせることで、さらに健康上良くないとあれば、やはりコーヒーを飲む量も控えたほうが良いでしょう。そして、コーヒーには利尿効果があります。飲みすぎると、トイレも大変です。人それぞれ、コーヒーの作用の仕方も違いますが、コーヒーを飲みすぎると歯も汚れますし、口臭も気になります。飲みすぎには注意したいものです。