コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類はたくさんあります。コーヒーは古くから世界中で愛され飲まれていますし、世界60カ国で生産されています。亜熱帯の地域、北回帰線と南回帰線の間のコーヒーベルトと呼ばれる地域でコーヒーは栽培されていますが、コーヒーの木は、平均気温が20度以上の温暖な気候を好みます。世界それぞれの気候や風土を活かした栽培方法で、様々な国のコーヒーが栽培され販売されていますから、いつも同じコーヒーではなく、色々な国のコーヒーも飲んでみたいものです。

コーヒー豆の種類で有名なものというと、原産地がイエメンのモカや、原産地がタンザニアのキリマンジャロなどがあります。モカは、独特の強い酸味を持った豆で、甘みとコクがあり、日本人にファンの多い豆です。キリマンジャロは、強い酸味と上品な風味、そして甘い香りのする豆で、アフリカを代表するコーヒー豆となっています。また、コーヒーの王様といえばブルーマウンテン。ブルーマウンテンの原産地はジャマイカで、最高級品とされる生産量が極めて少ない最高ランクナンバーワンの豆です。酸味やコク、苦味、まろやかさ、香り・・・コーヒーを評価する上で完全なバランスを持った逸品であるとも言われています。以上、紹介したコーヒー豆は、有名で、私たちにも馴染み深い豆ですが、癖があったり、独特な香りのある豆もあります。たとえば、酸味と芳香が特徴的なメキシコや、強い苦味と特異な香りが特徴のロプスタなどです。特徴的なコーヒー豆は、スーパーなどで買うのは難しいかもしれませんが、インターネットでは買うことができます。コーヒー通の人であれば、一度は飲んでみたい変わったコーヒー豆を探すのもコーヒーを味わう醍醐味です。