冬の日本料理の代表格は鍋料理

日本の冬の代表的な料理といえば、何をおいても先ず、鍋料理でしょう。寒い冬には、暖かい鍋を囲むのが一番です。メインの具材をカニ、カキ、タラ、フグ、アンコウなどの魚介類や、鶏肉、豚肉、牛肉から選べば、毎日味の異なる鍋料理を楽しむことができます。一週間毎日、鍋料理が続いたとしても飽きることなどないでしょう。鍋料理を食べると体が温まるだけではなく、様々な種類の野菜をいっぱい食べることができますから、ヘルシーな食事となります。おまけに調理方法は、ただ食材を切って鍋に放り込むだけですから、炊事も楽にできます。これからの冬の時期の食事は、鍋料理を中心にして、様々な季節の食材の味を楽しんでいきたいと思っています。